かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 法案成立後が本当に国民の責任なのだ。体制は選挙でしか変えられないのだ。

<<   作成日時 : 2015/09/18 23:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 34 / トラックバック 3 / コメント 8

野党がどんなに抵抗をしようが、絶対多数を持っている自公は必ず勝つ。こんなことは自明であった。もともと野心を持つ安倍氏に、何でも可決出来る魔法の杖を与えてしまった。もともとヒットラーのような知能で単細胞の人間に、どんなことも可決出来る杖を与えたことが、この事態になった全ての根源である。

今まで、選挙にも行かない政治に無関心な国民が、このような事態を引き起こしたと言っていい。しかし、皮肉にも、今回の異常事態は、そのような政治に無関心な国民層も目覚めさせた。よく、選挙投票率が10%変われば、選挙結果も変わると言われている。

SEALsの奥田氏が述べたように、国民は今回の自公の暴挙をじっと見ている。今まで20代が一番投票率が低かった。つまり、政治に関心の薄い層と見られていた。このブログでも時々、今の若者が何故政治に立ちあがらないかを憂いた。政府が選挙年齢を18歳まで引き下げたのも、自分達の選挙には影響しないと思ってのことだ。

しかし、安倍首相の暴挙の代償は大きい。自公は、戦後70年の日本の仕組みを踏みにじったことを噛みしめると良い。まず、次回の参議院選挙では、自民党は大敗するだろう。今の小選挙区制というのは、少しの民意の変動で、ゼロかイチになる。明らかに与党の横暴を見て、野党に投票することになる。

そこで、必要なのが、生活の小沢代表が何時も言うように野党統一候補を出すことである。そうすれば確実に野党の議席は増える。今の野党共闘を維持することだ。

強行採決直後に自民党の平沢議員が、野党が政権を取れば、今の法案も廃案に出来ると述べていた。どうせやろうとしたって出来ないだろういう意味で言ったかはわからないが、野党が勝てば出来るのだ。

国民は、まずは参議院選挙で自公を落とす行動を取るべきなのだ。よく、投票する候補者がいないから投票しないとバカなことをいうやつがいる。例えぴったりな人が居なくても、少なくとも与野党が拮抗するように投票するのが国民の義務なのだ。

そして、最低限、与野党拮抗した状態にしなければならない。それが、今回法案に反対した者としての使命だろう。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




野党とは何か:組織改革と政権交代の比較政治 (MINERVA人文・社会科学叢書)
ミネルヴァ書房
吉田 徹

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野党とは何か:組織改革と政権交代の比較政治 (MINERVA人文・社会科学叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【戦争法案】独裁者気取りの凶人安倍とその一党に国民と憲法を愚弄した罪を贖わせよう!【最終局面】
 敗戦後70年にわたって続いてきた「平和国家日本」の息の根を止める違憲立法である戦争法案について、野党勢力はギリギリの努力を傾けて抵抗を続けている! ...続きを見る
ステイメンの雑記帖(暫定復活版)
2015/09/19 00:04
【戦争法案】独裁者気取りの凶人安倍とその一党に国民と憲法を愚弄した罪を贖わせよう!【最終局面】
 敗戦後70年にわたって続いてきた「平和国家日本」の息の根を止める違憲立法である戦争法案について、野党勢力はギリギリの努力を傾けて抵抗を続けている! ...続きを見る
ステイメンの雑記帖(暫定復活版)
2015/09/19 00:10
山本太郎氏有難う、来年参院選で自公議員全員を告別式で送り焼香する模範演技有難う
 山本太郎氏有難う、来年参院選で自公議員全員を告別式で送り焼香する模範演技有難う、 生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎共同代表は18日の参院本会議で、安倍晋三首相の問責決議案の記名投票に際し、議場をゆっくり歩く「牛歩」戦術で議事進行を遅らせた。投票直前には焼香のしぐさを見せるパフォーマンスを行った、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2015/09/19 09:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
何度でも言いたい!
---
「違憲」の「呆案」(誤変換)は「無効」である!(怒)
もひ
2015/09/19 07:48
参議院本懐疑(思いっきり誤変換)で、福山哲郎議員(民主党・新緑風会)が激怒!
---
反対討論中のヤジ:
1)お前の話はいつも同じだ!
「ヤジったのは誰だ?」と聞き返し、手もあげられない/名乗れない。そのようなことならヤジるなということだ。
2)時間を守れ!
討論の時間制限(15分)をして「言論を封鎖」。
野党の審議継続要求を無視して審議を打ち切った。
---
しかもアンポンタン委員会(誤変換)の「採決」に際して「開会宣言」が無い。(という瑕疵)
公聴会の報告も委員会にされていない。(公述人の違憲の意見を無視)議事録にも載らない点も指摘!
---
まあ「自民党は劣化」:森ゆうこさん、
「自民党は死んだ」:山本太郎参議院議員
と言われるのも当然のこと。(トホホ)
---
「言論の府は死んだ」「良識の府は死んだ」とも言うべきか?(トホホのホ)
もひ
2015/09/19 09:42
「集団的自衛権」ならぬ「醜弾催眠的自衛権」
---
普段はマトモなことを言っている?余党偽員(誤変換)も「この安保法制で自衛隊の活動範囲が広がり、平和が守れるのだ」との屁理屈を信じ込み「集団催眠状態」になったのではないだろうか?
---
そうでなければ、「よ党」全員+「ゆ党」が「憲法違反」の呆案に加担したことになるのでは?(説明がつかない:トホホ)

もひ
2015/09/19 16:34
25%の得票で政治を思うままに出来ることを、目の当たりにしたのだから、これからの選挙には、棄権をなくして投票率を上げて、そうして、安保法案賛成した政党、政治家には絶対投票しない、、、当り前か・・・、入れる政党がないという言葉はよく聞きますが、とんでもない政治的クーデターをやられたのだから、とにかく棄権はしない、投票所に行く、そして白票でなく、どの政党でもいいから、どこでもいいから野党に入れる。ガラガラポンです。不謹慎でしょうか?安倍内閣の方がもっと不謹慎でしょう。政治なんて、こんなもの、多数決が民主主義いだなんてうそぶかれて、「全国の有権者よ眼を覚ませ、そして団結しよう!!!」こんな政治は「おかしいだろ、これ。」です。
しげ
2015/09/19 22:30
今日のネットのニュースで飛び込んで来たのは、日本共産党が「他の野党との選挙協力」に舵を切ったということ。
---
何年前だったか?、日本共産党中央委員会に同趣旨の意見を出したことがあるが・・・ようやく実行されそうだ。
(えい、えい、お〜っ!)
もひ
2015/09/19 22:35
「や党」頑張れ!
もひ
2015/09/19 22:37
かっちさん、ジャイロさんにも代わって?しげさんのコメントに感謝!
---
投票率が60%に達すると「無党派層」が動いたことになり、いわゆる「組織票」を崩せる!
ということが2009年8月30日の総選挙で分った。
民主党政権誕生の日である。
---
しかし耳垢(誤変換)などは野党になった途端、政権に協力しようなどいう発想は微塵もなく?
足を引っぱることバカ裏(超誤変換)。
---
官房機密費の残金を「お持ち帰り」したのだから、それを「原資」にメディア対策、厄所(誤変換)をしたということも想像にかたくない?
---
その後はご存知のとおり、鳩山由紀夫元首相の「相続問題」と小沢一郎元民主党幹事長の「陸山会事件」で、この政権は骨抜きにされてしまった・・・(トホホ)
---
小沢一郎生活の党と山本太郎となかまたち代表がいうような(マトモな)「二大政党」であれば「政権交代」で政治が浄化されていくだろうが、外から攻撃されているのに中からの足の引っぱり合いでは衆議院300議席の大政党にふさわしくなかったのでは?(トホホ)
---
やはりリーダーが揺るぎない信念の元に、成立した/成立しようとしている呆案(誤変換)の廃止呆案を出して「国民本位」の政治に戻していく・・・
そのための次回の選挙における、野党連合のリーダーはもしかすると志位和夫日本共産党委員長かもしれない?(実際は参議院選挙のため、参議院議員の小池晃日本共産党副委員長)か?
---
現在の民主党で参議院選挙に強いのは蓮舫議員(代表代行)くらいだろうか?(トホホ)
もひ
2015/09/21 22:31
今日のネットニュースで、すでに3K新聞が牽制している。
---
・・・だが、民主党支持層に共産党アレルギーは根強く、“民共協力”の動きが加速すれば、新たな野党再編の火種となる可能性が大きい。(2015年9月21日(月) 18時57分掲載3K新聞:定番の誤変換)
---
(トホホ)
---
残念ながらマトモな二大政党が期待できない(特に衆議院)状況では、参議院の「良識」と「言論」を取り戻すのに死の誤の(超誤変換)言っていられない?
---
1)「廃止法案」を出す?
2)安保法制「違憲訴訟」を起こす?
3)安保法制「採決無効の訴訟」を起こす?
自衛隊員や国民の生命が掛かっているのだ!(怒)
---
さらに、災害復旧優先を政府に要求する!
もひ
2015/09/21 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
法案成立後が本当に国民の責任なのだ。体制は選挙でしか変えられないのだ。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる