かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相の弱みを見せない断定が、軍事主導の国になるターニングポイントとなる。

<<   作成日時 : 2015/08/21 22:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 6

安倍首相は、共産党が入手した安全保障関連法案の成立を前提とした防衛省制服組による内部資料作成について、「問題があるとは全く考えていない」と明言した。

安倍首相の答弁には特徴がある。それは、絶対に弱みを表す言葉は使わないということだ。今回も「全く」と100%否定している。オリピック誘致会議で、安倍首相は福島原発の核汚染が、湾の中に100%コントロールされていると述べている。何事にも、決して弱みを見せない。

今日も、民主の蓮舫氏が質問した内容が、本人には気に食わなかったようで、あれだけ不要な発言はするなと議長に注意されているのに、「まあいいじゃん」とヤジを入れた。これも、自分が絶対者であるのに、こまごまと質問され、イラついてしまって、つい発言したと思われる。

このようなことを言う性格を分析するに、自分は絶対者であり、何を言っても決して自分は手出しをされないと考えている。このような国のトップが一番危ない。何事も1か0の短絡的な頭脳で、極めて危険な男である。今自民党内でも、絶対君臨者として総裁選挙にも対抗候補が出ないという話であったが、野田氏が候補を検討しているという。しかし、自公政権を早く引きずり下すには、却って安倍氏の対抗馬が出ない方が良いと考えている。なぜなら、反吐が出るくらい国民が自民党に辟易した方がいいからだ。

今回、自衛隊制服組がトップの大臣に知らせなくとも、勝手に各部隊の指揮官同志の中で部隊運用の話を決めていいということになる。そういう、お墨付きを与えたということだ。制服組は、元気を得ただろう。武力を行使する組織は命が掛っているので、基本的な性格として武力に積極的となる。自分達の親分が「全く問題ない」と言質を与えれば、水を得た魚状態である。

歴史を振り返れば、この言葉が日本が軍事主導の国になるターニングポイントとなる。


首相「全く問題ない」 法成立前提の防衛省資料 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015082101001766.html

2015年8月21日
 安倍首相は21日の参院平和安全法制特別委員会集中審議で、安全保障関連法案の成立を前提とした防衛省制服組による内部資料作成について「問題があるとは全く考えていない」と明言した。共産党の小池氏は中谷・防衛相が国会で追及されるまで約3カ月間、資料の内容を把握していなかったことに触れ「(制服組に)丸投げだ。自衛隊の暴走以外の何物でもない」と批判した。首相が資料作成問題で見解を示したのは初めて。

 小池氏の追及を受けた首相は「中谷氏の指示の範囲内で行われた。実力組織の暴走があってはならない。シビリアンコントロール(文民統制)は完遂されている」と強調した。
(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は、国会偽事堂前(一部誤変換)でSEALsの学生のスピーチに世代を越えた賛同が集まっていた!
---
SEALs:「利己主義だ」と言った偽員(若干誤変換)が「離党届」を出したということであったが、当人こそ「利己主義」的な人間ではないか?
---
「歴史学者」の先生:
「70年談話」について、
1)自分自身の言葉で言っていない(主語がない)
2)日露戦争を美化した
とのことでお怒りであった。(怒)
---
その後も国会議事堂前に、
「廃案」「戦争反対」「阿呆は病めろ(一部誤変換?)」のコールが響き渡った!
もひ
2015/08/21 23:09
かっちさん、訂正希望。
---
弱みを見せない断定 > ウソにまみれて断罪
とか?(トホホ)
もひ
2015/08/22 00:05
かっちさんの指摘の通り、本日の参議院アンポンタン委員会(一部誤変換?)での質疑では蓮舫議員(民主党・新緑風会)がピカイチだ!
---
まあ、「一問一答」の質疑であるので視聴者にも分りやすい。質問時間の限られた野党議員にとっては有効な質疑戦術である。終いには蓮舫議員から、この呆案(一部誤変換)は「切れ目のない」どころか「歯止めのない」との指摘であった。(トホホ)
---
水野賢一議員(無所属クラブ)の「存立危機事態」に武力行使するため、密接な関係にある国からの『要請』があるかどうかが認定条件になっているか?」の質疑も鋭かった。
---
結果「答弁不能」であった。(怒)
もひ
2015/08/22 00:28
アンポンタン呆案も一巻の終わりか?
---
公迷党(一部誤変換)の支持母体からも「反対」の狼煙があがっている。「ひとりの学会員」氏がネットで呼びかけた「請願書」がひろまり、それに賛同した学会員の人たちが国会前でも署名活動を続けている。
---
この「請願書」では、「平和の党=公明党」の原点に立ち返り、「安全保障法制関連法案」を白紙撤回することを要請している。
---
一方、創価大学の反対表明サイトではすぐに1,000筆を越える関係者の署名が集まり、ぐんぐんその数を伸ばしているという・・・
---
この呆案(一部誤変換)は「人類の平和を守るフォーレストたれ」という建学の精神に反するということだ!
(怒)
もひ
2015/08/22 13:07
「深刻率」(誤変換)でもめている
2020頭狂誤倫(だいぶ誤変換)は
アスリートの祭典ではない!
ギョーカイの祭典ではないか?
---
政界:利権ピック
建設業界:土建ピック
広告業界:パクリンピック
---
(トホホ)
もひ
2015/08/22 22:07
かっちさん、ジャイロさん、読者のみなさん。
---
誤:「人類の平和を守るフォーレストたれ」
正:「人類の平和を守るフォートレスたれ」
---
フォートレス=要塞
---
お詫びして訂正をお願いいたします。(汗)
もひ
2015/08/24 00:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
安倍首相の弱みを見せない断定が、軍事主導の国になるターニングポイントとなる。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる