かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦後政治の中で最も碌でもない政治は、自ずと淘汰される。

<<   作成日時 : 2015/07/20 21:23   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4

安倍首相が今日民放の番組で、安保法案について、参院では丁寧に説明していくと述べた。必ず丁寧に説明すると言うが、この言葉を言えば分かってもらえると思っているらしい。本当に低能としか思えない。安倍首相を見ていると、方便でいろいろと言い訳をしていると思いたいが、本気で訳の分からぬ言い訳をしているのなら、低能としか思えない。

瀬戸内寂聴さんが、安倍首相を「安倍さんがいかに悪い政治家だったかも歴史に残る」と言っている。岸元首相も、東大女子学生が亡くなった60年安保で有名になったが、15年安保で爺さんと同じ運命を辿ると予感している。参議院でも採決を強行し、60日ルールで法案を通す気であるが、それと引き換えに支持率は20%台に落ちて退陣となるだろう。

瀬戸内寂聴さん:安倍首相批判「悪い政治家だったかも歴史に残る」
http://www.kendenkyo.or.jp/pdf/technology/143_basic.pdf
 自身の戦争体験にも触れ、「戦争は“集団人殺し”。世のため人のための戦争など存在しない」と指摘。与党による採決強行という手法と安倍首相も痛切に批判し、「これだけ多くの人が反対したことは歴史に残る。安倍さんがいかに悪い政治家だったかも歴史に残る」と強調した。



安倍政権は、消費税増税で社会保障の基本を変えるとして民主党政権から変わったが、社会保障などは議論にも出て来ない。まずやったことは、秘密保護法、原発再稼働、そして今や戦争法案の成立が最も重要な仕事になってしまった。こんな「ならず者」の政府よりは、もう一度野党の政府の方がマシということになり、反自公の政府を作った方がいい。何事も、一党独裁の政治は良くない。昔の自民党は党内野党が居てお互いに牽制し、独善的な政治は出来なかったが、今の自民党は戦後最悪の政治を行っている。

今民主党が、法案の違憲審査を最高裁判所に要請出来る法案を検討し、法案提出を検討しているという。自民党の高村氏が、学者たちがいくら違憲と言っても、決めるのは最高裁であると言っているからだ。この考えは理にかなっている。是非そうしてもらいたいものだ。安保法案に自信があれば、民主党の法案に賛成するだろうが、都合が悪いので反対するだろう。その程度の法案である。


「安保」契機に民主が新制度検討 法案の違憲審査 最高裁に要請を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015072002000115.html
 民主党は政府や国会議員が提出する法案が憲法に合致しているかどうか、最高裁にチェックを求められるようにする新制度を検討している。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このアンポンタン法制は「安保条約」も「無視」しているのでは?
---
「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」(安保条約)
---第五条---
各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。
 前記の武力攻撃及びその結果として執つたすべての措置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従つて直ちに国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。その措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全を回復し及び維持するために必要な措置を執つたときは、終止しなければならない。
---害霧消(誤変換あり)ホームページより---
つまり:
1)我らがニッポン国の「領域」である
2)自国の憲法上の規定および手続きに従う
---
つまり国外に自衛隊を派遣して行う活動は「日米安保」や「防衛」でもなく、もちろん「戦争」であってはならない!
田中康夫氏などが提唱するように、海外に出す時は「国際救助隊」として出すのが妥当ではないか?(怒)
---
「あらゆる事態想定 切れ目のない防衛法制」については3K新聞が詳しい?(トホホ)
http://www.sankei.com/politics/news/150514/plt1505140049-n1.html

もひ
2015/07/20 23:24
「ニッキョーソ、ニッキョーソ」※1と叫んだかと思うと、閣僚席※2から「早く質問しろよ」とのヤジ。
---
まあ、これが一国のソーリの態度か?(トホホ)
---
※1:http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6304.html
※2:https://www.youtube.com/watch?v=4wlskHe1cMo
発議した側で、委員に「審議をお願いしている」立場を全く無視している!・・・理解不能(怒)
もひ
2015/07/21 00:16
小沢一郎(事務所) ‏@ozawa_jimusho
---Twitterより---
総理はまだ「国民の理解が進んでいない」などということを言っている。しかし、これは間違い。国民の多くは漸く政権の真意を理解したからこそ安保法制に反対しているのである。にもかかわらず、まだ火事がどうのと空疎なとんちんかんなたとえ話ばかりするのは、あまりに国民を馬鹿にしている。
---
国民はよ〜く理解している、「たとえ話」がトンチンカンで、この呆案(誤変換)がアンポンタンであることを・・・(怒)
もひ
2015/07/21 19:14
かっちさんのコメント承認にさらに感謝!
---
まあ、「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し・・・」の「わが国と密接な関係にある他国」とはどの国か?(大学法学部のゼミでも疑問が出たようだ)
---
最悪、この呆案(誤変換)が成立しても次期政権?が「密接ではない」あるいは「わが国の存立が脅かされ」ることではないと判断し、その間に法改正/旧法復活を進めれば「重要事態」ならぬ「最悪の事態」は防げるかも知れぬ。(トホホ)
もひ
2015/07/21 19:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
戦後政治の中で最も碌でもない政治は、自ずと淘汰される。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる