かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 若者を死に追いやる違憲法案に賛成した議員たちは、強行採決の報いを受けなければならない。

<<   作成日時 : 2015/07/16 22:30   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 1 / コメント 2

戦後の法案可決の中で、違憲法案が通過したことは無かった。この違憲法案に賛成した自公議員は、その良心に恥じるべきである。良心を持ち合わせているかも疑わしいが。

国民の大部分が成立を認めていないのに強行した事実は、憲政歴史の中で、しっかりと記憶に留め、次期参議院選挙において自公議員に「NO」の票をいれなければならない。歴代内閣がぎりぎりの線で踏みとどまっていた集団的自衛権に踏み出し、米国が起こした戦争には、日本も否応なく参加するようになる。当然、日本が意図しなくても、敵対する軍隊からは米国と同等の敵とみなされ、確実に死者が出ることを覚悟しなければならない。自衛隊員とその家族は、自分の夫、子供、孫を救うために、自公議員を引きずり下すしかない。

自衛隊員が多く死ねば、自衛隊員だけに死の危険を負わすのは不平等だということになり、また、そもそもそんな危険な職業に就くのはイヤだということになり、若い自衛隊員はなり手がいなくなる。そうすると、危険を煽りながら国を守るためとか言って、徴兵制が復活するのは明らかだ。

今、安倍政権は、強行採決をしても暫くすれば国民は忘れると高を括っているが、今回はそうはいかない。命に係わり、自分の身に降りかかる話である。まあまあで済む話ではない。

国会で強行採決をやった手前、そのガス抜きに、新国立競技場の予算を縮減する方向で見直すという。国民の希望を汲んでそうしたというのであろう。本当に姑息である。今、自公議員は、次期選挙でビクビクしているだろう。国民の怒りは溜まりに溜まってきている。首を洗って待っていた方がいい。公明党も腰ぎんちゃくのように自民にくっついているが、その姿は本当に惨めである。いつも陰に隠れていい子ぶっているがその罪は重い。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福島の沖は放射能で無限汚染か? 海の幸収穫は千年無理か?
 福島の沖は放射能で無限汚染か? 海の幸収穫は千年無理か?  東京電力は16日、福島第1原発で放射能に汚染された雨水が、排水路を通じて外洋に流れ出たと発表した。 雨量の増加で、流出防止のために排水路に設置していたくみ上げ用ポンプの容量を超え、雨水があふれ出たという、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2015/07/17 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんからの一連のコメント承認に激しく「感謝」!
---
そして、
「良心を持ち合わせているかも疑わしいが。」
には、激しく同意!(トホホ)
---
まあ、ここまでなったのも
1)小選挙区制と党公認の「脅し」
2)政党助成金/企業献金の分け前「分担」
3)貢献度(忠実度)による大臣/副大臣/政務官抜擢
の3大原因では?
---
1)では選挙対策委員長の権限が増大!
2)では幹事長や財務の権限が増大!
3)では首相の人事権が増大!
---
【疑問点】
a. 確かに小選挙区ではオセロのように、政権がひっくり返る醍醐味はあるがそれも2大政党が健全な状態で存在している前提なのでは?
(小沢一郎生活の党と山本太郎となかまたち代表が主導した制度ではあるが・・)
b.「公認」を盾に「忠誠」を誓わせる?
c. 組織的に「分け前」を党本部で采配するため「忠誠」を要求される?
d. 首相にたて突くと大臣その他は「更迭(クビ)」が待っている?
e. 党にたて突くと選挙で「刺客」候補を立てられる?
---
党本部が「殺傷権」を握るのでは、国会議員もサラリーマンと同様?
いや、今流行の最先端を逝く?ブラック政党か?
---
てなところ?(トホホ)
もひ
2015/07/16 23:07
「池田大作創価学会名誉会長の著書の一節にこうあります。『戦争ほど悲惨で、残酷なものはない』。私は28歳で入信したとき以来、これこそが宗教者、政治家としての活動の原点とがんばってきました。」
---
こう言っているのは、愛知県武豊町の無所属、本村強町議だ!
しかも、これを伝えているのが(上記記事)なんと「しんぶん赤旗」オンライン版:2015年7月17日(金)の記事だ!
---
木村強町議は、政権与党の公明党を離党、集団的自衛権断固反対のノボリをかかげて廃案を訴えているとのこと!(立派)
---
「平和」の看板を掲げて当選したハズ?の同党議員は少しでも見習ったらどうか?(トホホ)
もひ
2015/07/17 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
若者を死に追いやる違憲法案に賛成した議員たちは、強行採決の報いを受けなければならない。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる