かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」での翁長氏への拍手、歓声が、沖縄の気持ちである。

<<   作成日時 : 2015/06/23 21:58   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 1

今日は「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」が、安倍首相、ケネディ駐日大使の前で行われた。NHKも翁長知事の「平和宣言」の全体を実況していた。この中で、翁長氏は、沖縄には米軍基地の74%が集中し、日本の安全保障と言うなら、基地用地を強制収容された沖縄だけがなぜ負担を負わなければならないかと訴えた。辺野古への基地移転は困難であり、中止すべきことを述べた。そのとき、会場の出席者の中から、歓声と拍手が起こったことは、普段のしゃんしゃんで終わる式典とは違うもののように感じる。

また、翁長氏は、基地移転反対を唱えるなら対案を出せと沖縄に要求するのは筋違いであり、それを考えるのは日本政府であり、日本国民全体であるべきと述べている。翁長氏はケネディ駐日大使とも会談している。翁長氏は、辺野古基地移転をごり押しすることは、沖縄県人の感情を逆なでにし、ひいては嘉手納基地などの基地反対に繋がるとの懸念を伝えたという。

先日、NHKが沖縄戦の終局の現状を、米軍の記録や沖縄の人たちの証言からなるドキュメントを放映した。沖縄戦では終戦直前に、日本軍とは関係ない民間人が4万人も亡くなっている。トータル20万人が亡くなられた。翁長知事の、何故沖縄だけが基地負担を負わなければならないかと何回も話す理由は、前述した沖縄の異常な犠牲を考えなければならない。

安倍首相はやはり同じ追悼式で、沖縄基地の負担の意義を「丁寧に説明」しなければならないと、まるで「戦争法案」の押しつけと同じように述べている。まるで、呪文かおまじないのように「丁寧に説明」すれば納得すると思っているらしい。戦争法案が「違憲」であるように、沖縄基地は「勘弁してくれ」ということである。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国がタイで横断運河を建設?日本お得意の海外事業も今や巨大事業は中国の事業?
 中国がタイで横断運河を建設?日本お得意の海外事業も今や巨大事業は中国の事業?タイランド湾とアンダマン海に挟まれたマレー半島が比較的細くなっている地域一帯をクラ地峡といいます。中国とインドを結ぶ海のシルクロードにおいて、マラッカ海峡を通る海路に比べて移動距離が短く海賊に襲われる危険性も低いため、古来よりクラ地峡を陸路で横断するルートも利用されていたことが知られています。 19世紀になると船舶交易が盛んになり、地中海と紅海を結ぶ スエズ運河、太平洋とカリブ海を結ぶ パナマ運河 などの大規模な... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2015/06/24 09:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんの解説どおり!
---
沖縄戦では、軍隊は国民のために戦うどころか沖縄本島南部の地区では「逃げて」「県民に紛れ込んだ」ということではないか?(とほほ)
---
であれば、最初から「白旗」を掲げれば・・・
非戦闘員である国民の犠牲は免れたのではないか?(怒)
もひ
2015/06/24 01:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」での翁長氏への拍手、歓声が、沖縄の気持ちである。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる