かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 強力な権力を持つ独善で国家主義的な首相ほど危険極まりないものはない。

<<   作成日時 : 2015/01/26 22:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 3

イスラム国により拉致されている後藤氏が話している音声は、声紋分析から、民間、政府とも本人のものと、ほぼ断定している。しかし、湯川氏の殺害された写真の真偽については、未だにネット上では、合成写真だとか人物が違い本人ではないと勝手な言葉が飛び交じっている。実際に解像度の悪い写真、しかも死後の顔が生前の顔と同じかというと、実際には、この写真レベルでは判別が付かないと思われる。

しかし、安倍首相は政府のトップとして、自らが以下のように、湯川氏である「信ぴょう性高い」とほぼ断定している。普通は写真レベルでここまで断定することは出来ない。しかし、ここまで断定的な言い方をするということは、写真以外に湯川氏であると確認出来る情報、証拠を掴んでいるからと思われる。


首相「信ぴょう性高い」 「殺害」画像 暴挙と非難
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015012602000124.html

 イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人二人の人質事件で、インターネットで二十四日夜に公開された湯川遥菜(はるな)さん(42)=千葉市花見川区=が殺害されたとする画像と音声について、安倍晋三首相は二十五日のNHK番組で「信ぴょう性は高いと言わざるを得ない」との認識を明らかにした。 首相は番組で、湯川さんが殺害されたとするネット画像を受け「痛恨の極みだ。このようなテロ行為は許すことのできない暴挙だ」と強く非難した。



この湯川氏が軍事会社を設立したことはわかっているが、ツイッターを見ていると湯川氏は、突然民間軍事会社を設立した訳ではなく、田母神氏や自民党議員と一緒に納まっている写真が出回っている。湯川氏自身が、右よりの政治家にも、いろいろ接近していたことがわかる。安倍氏と並んでいる写真が無かっただけでも幸いということだろう。

今政府は、後藤氏とサジダ・リシャウィを交換するように、ヨルダンに働きかけているということだが、ヨルダン政府にとってもいい迷惑だろう。これも安倍中東外交の失敗による、降って湧いたような問題である。イスラム国に対抗するヨルダンを含む中東諸国に味方すべき行為が、かえって、イスラム国に火を点けてしまった。当然、外務省の官僚の中にも、今の時期に中東を訪問しイスラム国への宣戦布告のようなことを言えば、このような結果になると進言したマシな官僚もいたはずである。しかし、そんな意見も押し切って中東に行ったわけである。

国のリーダーは強力な指導力が必要であるが、安倍首相の場合は、狂信者にアブナイ刀や鉄砲を持たせたようなもので、危険極まりない。本当に大変な事態に陥ることが、非現実では無くなって来たと思われる。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
欧州の動向が世界経済のカギとの分析が、留意点はユーロ圏の景気・原油価格の下落・夏ごろギリシャショック
 欧州の動向が世界経済のカギと金融アナリスト、留意点はユーロ圏の景気・原油価格の下落・ギリシャの動向。世界経済の行方に欧州の動向がポイント、ポイントの3要素は、デフレへの警戒とユーロ圏の景気の低迷および原油価格の下落、今後のギリシャの動向・夏にはギリシャショックの可能性と、金融アナリストが分析、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2015/01/27 10:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんの指摘どおり!
---
この御仁が参拝している好戦的な?神社は「神道」であるから、「イスラム圏」と宗教対立で泥沼化する危険はないのか?
もひ
2015/01/26 23:44
まあ、「人道的援助」なのか「軍事援助」なのか?
---
「自分が捕虜になる代わりに、この2人は開放して欲しい」とか?リップサービスでいいからそう言っても(神様の)バチは当たらないだろう・・・トホホ
もひ
2015/01/27 21:21
かっちさんが微細に説明してくれた
この男 戦争が好きなんだから仕方ない と言うか戦争オタクだ
やはり ちょび髭を付けなければならない
サザンが最高!
ジャイロ
2015/01/28 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
強力な権力を持つ独善で国家主義的な首相ほど危険極まりないものはない。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる