かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 上田市長を批判した自民党土屋議員の正体見えたり。被災地への修学旅行は意味がないそうだ。

<<   作成日時 : 2014/08/14 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 1

先日、自民党の衆議院議員の土屋正忠氏が、長崎市の田上市長が集団自衛権を批判するなら、国政に出て言えと言ったことについての記事を書いた。国会議員は集団的自衛権の話は出来るが、市長風情や庶民などは、国家安全保障の話などをするなと言うのだ。この思い上がりはどこから来るのかと不思議でならなかった。人を見下したような態度はどこから来るのか。集団的自衛権を容認することは、相手の戦争に自分から手を貸すということである。その犠牲になるのは、国会議員、首相ではない。自衛隊の隊員であり、つまり庶民の子である。徴兵制は無いと言っているが、戦争が激しくなれば必然的に徴兵制が復活すると考えている。土屋氏は、米国の若者と同じように日本の若者も血を流さなければならないと思っている自民党のボスの信奉者ということである。

この土屋氏の思い上がった考えの一端が、日刊ゲンダイ紙の記事でわかってきた。この人物は、広島、長崎の被爆地の修学旅行は意味がないというのだ。中学生に被災地の原爆資料館を見せても仕方ないという考えのようだ。確かに被災地を見学しても、平和にはならない。しかし、実際に戦争の経験のない若者が、原爆資料館に行ってその遺留品を見て、また実際に被ばくされた方の話を聞くことは、集団的自衛権を閣議で容認することよりは余程重要である。

被災地に学生が見学に行っても意味が無いという精神構造の根っこは、市長レベルのものが安全保障の話などしても意味が無いと言っていることと同じである。こんな不遜な議員が選ばれていることに驚く。今の自公の議員集団は、集団的自衛権容認の共犯者である。現役の議員誰一人、反対の声を上げていない。つまり、憲法違憲の法案の共犯者だということを、肝に命じなければならない。


画像


  自民党 土屋正忠議員(以下の日刊ゲンダイ紙記事写真掲載)



「平和宣言」批判騒動 土屋議員は筋金入りの“被爆地嫌い

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/152557/2

■修学旅行にも反対

 噛みついた「長崎」などの被爆地に対しては以前から“一家言”あったようだ。市長時代、中学校の修学旅行先に被爆地を取り上げるべき――と求める市議に対し、土屋は<広島、長崎に視察に行ったから、これで平和が達成できるなんていうのだったら、こんな簡単なことはない>とバッサリ。その後も、中学生の広島・長崎の修学旅行をかたくなに突っぱねていた。武蔵野市の現職市議がこう呆れる。

「土屋さんが広島・長崎の修学旅行に異論を唱え続けるものだから、幹部も<右へ倣え>の思想に陥り、教育長すら<広島は観光ずれしている(略)旅館もひどいし、子供たちの学習にはならなかった>と発言するようになりました」

 田上市長が平和宣言で「懸念」を示すのもムリはない。





日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍内閣の女性管理職目標30%は絵に描いた餅、まず国際人権規約:過労死防止:長時間労働の防止強化を実
 安倍内閣の女性管理職目標30%は絵に描いた餅に過ぎない、国際人権規約:過労死防止:長時間労働の防止強化を実施せよ。安倍内閣の女性管理職目標30%は絵に描いた餅であり、実現性のない選挙対策スローガンに過ぎない。女性管理職増大の基礎条件であり日本が1979年に批准した国際人権規約:過労死防止:長時間労働の防止を強化:職場におけるあらゆるハラスメントの禁止・防止を目的とした立法、規制を講じる勧告を実施していないのだから絵に描いた餅に過ぎないのだ。国際人権規約を知らない一般人やダンマリを決め込ん... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2014/08/15 10:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
その通りである
こういう自民党議員は 必ず当選する それは何故か それは 支持者が金持ちの経営者であるからである そして勿論社員も支持する それに公務員 自衛隊員や警察官や消防隊員や役所職員 よく 考えれば 多かれ少なかれ税金で飯を食っている奴である 金持ちの経営者は 土建屋など 公共工事などである
そして彼らは間違い無く投票に行く 貧乏人は仕事で忙しかったり 諦めて行かなかったり面倒くさかったりで行かない
ジャイロ
2014/08/18 02:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
上田市長を批判した自民党土屋議員の正体見えたり。被災地への修学旅行は意味がないそうだ。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる