かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民が直接選ぶ大統領でもない男に国が乗っ取られている状況を変えねばならぬ。

<<   作成日時 : 2014/07/04 13:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 2

一国の長が変わるとこうも変わる。小泉元首相の時も、郵政選挙の圧倒的勝利、拉致者の帰国で、政権の基盤強化に利用した。今回の安倍首相も与党の圧倒日的な基盤を背景に、どんな法律も与党が通過を決めたなら可決出来る権力を持たせてしまった。北朝鮮の拉致問題を政治的に利用しているように映る。

今の安倍政権は打ち出の小槌状態である。野望をもった権力者がこれを持てば、必ず使ってみたくなるものだ。歴代自民党の首相でも、集団的自衛権は憲法9条の観点から容認されないとしていた。これを姑息な憲法解釈論で限定容認することになった。

この決定は、自公に反対する政権に代われば、この限定容認解釈はやはりダメと閣議で決めれば、原則的は廃案にすることも可能となる。

今程、日、中、米、韓、北朝鮮の関係が奇妙な状態になっていることはない。本来、日本の経済を考えると、中国、韓国との貿易を増大させるべきある。しかし、中韓が日本を批判し、日本が北朝鮮の制裁を解こうとしている。その最大の原因を作っているのが安倍首相である。

彼は、日本の大統領でもない。国民は、米国のオバマ大統領のように直接、安倍氏を選んだわけではない。つまり、国民の多くは自民党を投票したが、安倍氏を首相に直接投票した訳でもない。この件に関しては、安倍氏のDNAに由来している。

昨日のブログで、小沢代表が米国は今回の集団的自衛権の容認に一応歓迎とは言っているが、実際は「米国は腹の中で歓迎なんかしていない」と言っていると書いた。

これを裏付ける記事が、ニューヨークタイムズ紙の社説に出ている。この極めて異常な状況を言い当てている社説である。今急ピッチで閣議を受けて、自衛隊を海外派兵し、武器が使えて交戦出来るような法律を作っている。姑息にも、この法案を地方統一選挙後に国会に提出し可決させるつもりである。国民が直接選らんでもいない、このような男の為に、血を流す自衛隊員、またその戦争状態に付きあわされる国民は堪らない。まずは来年の地方選挙で「NO」と書いて、支持率低下をせなければならない。


集団的自衛権「納得し難い」=「国家主義者に配慮」と首相批判−米紙社説
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014070301007
【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズは3日付の社説で、安倍政権が集団的自衛権行使を可能にする憲法解釈変更を決めたことについて「国家間の緊張緩和を必要としている地域で、日本の軍事的役割の変更が納得ずくで受け入れられるのは難しい」と論じた。
 社説は日本の侵略で大きな被害を受けた中国と韓国が、日本が集団的自衛権をどう行使するか警戒していると指摘。地域の緊張について、日中韓が共同で責任を負っているとしつつ、「国家主義者や彼らの持つ忌まわしい歴史修正主義」に配慮する安倍晋三首相が、恐れと不信を増大させていると批判した。
 社説はその上で、日本国民は国会を通じ、憲法解釈変更で日本が「戦争をする国」へと変化しないことの証明を安倍首相に求めるべきだと訴えた。 (2014/07/03-23:03)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「国民が直接選ぶ大統領でもない男に国が乗っ取られている状況を変えねばならぬ。」について
「国民が直接選ぶ大統領でもない男に国が乗っ取られている状況を変えねばならぬ。」について 基本的には国民が直接、首長を選ぶシステムの導入には大賛成です。さっすれば、国民が政治経済等多方面への関心を深めることは間違いないと思います。当年とって70歳のの男。 ...続きを見る
Latin Rumba Tak
2014/07/07 08:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今や、企業活動も国民生活も「アベノリクス」を覚悟しておかなければならないのだろうか?(トホホ)
---
タダでさえ「異次元の緩和」で円安となり、ガソリン/軽油価格が上がっているためすべての原価に跳ね返る。(怒)
価格に転嫁できない企業は倒産の危機となり、節約に節約を重ねて生活している国民も追いつめられる。(怒・怒)
---
守るものは何か?考えさせられる・・・
もひ
2014/07/04 22:56
NYタイムズ2014年7月2日社説より
---
安倍晋三首相は、軍隊が第二次世界大戦後行ってきたものよりさらに積極的な役割を果たせるよう日本の平和主義的戦後憲法を再解釈することで彼の国に多くの混乱をもたらし、またアジアでの不安を増大させた。(勝手に翻訳)(怒)
もひ
2014/07/05 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
国民が直接選ぶ大統領でもない男に国が乗っ取られている状況を変えねばならぬ。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる