かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 日刊ゲンダイ紙『小沢一郎氏「安倍首相の危うさはDNA。昭和史を繰り返す」 を読んで思うこと。

<<   作成日時 : 2014/07/03 09:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 81 / トラックバック 1 / コメント 6

このブログを読んで頂いている方は、筆者が「小沢一郎」を押していることがわかると思う。

そもそも、このブログを書くきっかけが、小沢氏が民主党の代表になった途端、急にマスコミが小沢氏を叩き出したことから、世の中の何か異様な雰囲気に危機感を抱いたからである。

ここで無名な個人であっても何か声を上げることが、これからの若い世代に住みよい社会を残すための、せめてもの行動であると思って書いている。

ブログを書いている中で、今まで検察は正義を行う執行者と思っていたことが、全く逆の場合もあることを、小沢氏の陸山会事件で学んだ。

長く政権が続くと、そこには意識、無意識に関わらず自分の利権と相反する勢力に対しての防衛本能が働く。その勢力には、官僚はもとより、マスコミ、司法、政党まで含まれる。NHKの会長人選、最高裁判所の判事も内閣で指名される。自ずと自党が制御できる、もしくは自党の考えに近い人物が組み込まれる。

政党も然りである。今の自公の関係を見ていると、公明党は余程、与党にいることが美味しいらしい。そこには、お互いに強力な利益関係が構築されている。公明党(創価学会)にとって、余程おいしい利益があるのであろう。立党の精神「平和の党」は「戦争を可能にする党」に変容してまで、与党に居たいということである。

その小沢一郎は今や弱小の弱小の党の代表になってしまった。しかし、その発言はいまだに注目されている。小沢氏が検察に潰されなければ明らかに総理大臣になっていて、少なくとも、鳩山元首相、菅元首相、野田元首相とは異なった政治を行っていたはずである。日本ももう少し住みやすくなっていたと確信している。

その小沢氏が日刊ゲンダイ紙のインタビューに応じている。小沢氏の政治を見る目は正確であり、一貫してぶれない。また自分がどんなに攻撃されても、歯がゆくなるぐらい人のことを決してけなさない人でもある。

その小沢氏が、今回の集団的自衛権の容認にはさすがに腹が立ったのであろう。安倍首相のこの暴挙を、「DNA」のなせる仕業と述べている。遺伝ということである。

つまり、岸元首相からのDNAということである。遺伝は、孫に現れるというが、この言葉は的を得ていると思われる。また、今回の集団的自衛権の容認に米国は一応歓迎とは言っているが、「米国は腹の中で歓迎なんかしていない」と言っている。これまた「真」であろう。

詳しくは、記事を一読願いたい。





日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。





小沢一郎氏「安倍首相の危うさはDNA。昭和史を繰り返す」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151425Ads by Yahoo! JAPAN

 集団的自衛権行使容認の閣議決定が迫っている。ありえないような暴挙なのにメディアは何も批判せず、野党は無力、国民もおとなしい。この国はどこへ向かうのか。政治の裏も表も知り尽くしている小沢代表(生活の党)は実は、憲法9条と安全保障、国際貢献の狭間で、悩みぬいた政治家でもある。その目に安倍政権と日本の今後はどう映っているのか?

■15事例はオソマツな言葉のゴマカシ

――自公協議もあっさり合意しそうで、いよいよ閣議決定、解釈改憲という流れですね。
 公明党は離れられないだろうな。それにしても、この間の党首討論を聞いていても、安倍首相は相変わらずだな。国民の生命、生活を守るという。そんなことは当たり前なんだよ。なぜ、無理やり集団的自衛権を行使できるようにしなくちゃいけないのか。それに対する説明に、全然説得力がないんだよ。ただ情緒的に訴える。言葉のゴマカシです。


――この党首討論に限らず、安倍首相の国会答弁は野党の質問にまともに答えようとしていない。なめているような印象を受けます。こんなやり方で解釈改憲なんて、歴史に大きな禍根を残すような気がします。

 そう思います。首相の答弁は言葉の遊びで、一瞬、もっともらしく聞こえるけど、真面目に聞くとメチャクチャな話です。15事例というのも誰が考えたのか、お粗末すぎますね。要するにゴマカしているんですよ。集団的自衛権の行使を可能にするということは、米国であれ、どことであれ、海外に派兵できるということです。それも憲法の規定も無視して、ときの政府が恣意的にやれるということなんですよ。

――安倍さんは記者会見で「海外で武力行使はしない」と言った。そのくせ、自民党は集団安全保障で機雷掃海もやると言う。集団的自衛権と集団安保の話を途中からゴチャゴチャにしていますね。
湾岸戦争は国連の決議による多国籍軍(による集団安保)だから、(集団的自衛権で米国に協力する)イラク、アフガン戦争と全然異質な話です。

――しかし、それをまぜこぜにして、「明白な危機」があれば自衛隊を出すという。いい加減な説明と与党協議で憲法を骨抜きにするなんて、国会軽視、民主主義、立憲主義の否定じゃないですか。

 国民はもっと怒らなくてはいけない。そりゃあ、選挙で選ばれた政権は任期中、ある程度のことは任されている。ただし、法律や民主主義の原則を無視してはいけないのが大前提。今回はその前提さえ省略しようというのですから論外の話です。国会とは、野党が国民の不安や不満、意見や危惧の念を代弁して政府と議論する場でしょう? ここをネグっちゃうと、議会制民主主義の否定につながる。

■米国は腹の中で歓迎なんかしていない

そんな独善的な手法で解釈改憲を進める安倍首相の真意をどう見ますか?

 奥に秘めている発想が非常に危険だと思います。集団的自衛権の行使はアメリカも望んでいる。実際、歓迎している。そういう理屈でやっていますが、アメリカは腹の中で安倍政権に対して大きな危惧の念を抱いていると思います。そりゃあ政治的スタンスとしては一緒にやってくれ、ショー・ザ・フラッグと言いますよ。しかし、自衛隊が来たって来なくたって、米国が戦争するときには関係ないんだから。自衛隊の軍事力をあてにしているわけじゃない。それよりも安倍さんの思想の中には戦後体制の否定があるわけです。極東軍事裁判はおかしいという話でしょ。アメリカのリーダーたちはどう思っているのか。大使が安倍首相の靖国参拝に対して、「失望した」と言うのはよっぽどです。安倍首相が「自分の国は自分で守らなきゃいけない」と言うとき、その延長線上に何があるのか。中国に対抗する軍備を持つのであれば、アメリカにも対抗する軍事力を持つことになる。

安倍政権は「限定的」とか「新3要件」とか、条件を付けて、歯止めになると言っていますが。

 日本は独立国だから、当然、国連憲章51条にもあるように自衛権が認められている。ただ、日本国憲法9条で自衛権の発動は日本が攻撃された時のみ、とされている。個別的であれ、集団的であれ、その他の直接関係のないところの紛争に自衛権の名のもとにした武力行使はできない。そうでなければ、世界中に日本人はいるわけですからね。どこでも行かなきゃいけなくなる。つまり、限定というのは、日本が直接攻撃を受けた場合という、憲法9条の限定以外にないのです。安倍さんが一般的な集団的自衛権を行使したいというのであれば、正面から堂々と9条の改正をやればいいのです。そうすりゃ、おじいさん、おばあさんを船に乗せてどうこうという話よりもわかりやすいでしょう。

――それにしても、戦後体制を否定し、解釈改憲で戦争ができる国に突っ走ろうとしている安倍首相の危うさというのは一体、どこから来るのか。どう見ますか?

DNAだろうなあ。極東軍事裁判の戦後体制を認めたら祖父(岸信介)のA級戦犯も認めることになる。それは認められないということだろう。

――歴史の針を戻すような話ですね。

 基本的には国民がもっと強い意思表示をしないといけないと思います。日本人というのはお上の言うことに従順というか、しょうがないと、すぐあきらめてしまう。大きなメディアも真っ向から批判しない。このままでは本当に戦前の昭和史の状況に似てきてしまう。戦前の歴史は、ここまでこうやっちゃったからしょうがない。そういう繰り返しなんですよ。国民が怒らないと、また繰り返しになってしまう。

■野党統一候補を立てればひっくりかえせる

――このまま国会を無視した安倍政権の暴走が続いたら、この国はどうなってしまうのか。野党の無力をどう見ていますか?
いや、絶対ひっくり返す。野党はみんな、ふにゃーんとなっているけれどね、細川政権の時だって、自民党が第1党だったわけです。それを「政権を代えよう」という一点で8党派集まってひっくり返した。それを思い出せってことですよ。大きなメディアは「政策一致が前提」みたいなことを言うが、自民党なんて右から左までいる。政策一致というなら公明党と連立を組んでいることだっておかしい。細かいことはいいから。集団的自衛権と憲法9条、それから原発の問題。このイシューで合意すればいいのです。これらは自公と対峙できる国の基本的テーマですからね。

――そうすれば、次の選挙で政権をひっくり返せる?

 そのために小選挙区制にしたんだから。野党再編というより野党共闘でいい。候補者を1本に絞り、国民に選択肢を示せれば勝てる。候補者をちゃんと調整する人がいればできる。

――その調整する人が見当たらない。

 そりゃあ民主党がやらなきゃいけないわな。維新もある意味ですっきりしたんだからね。日本はいま、大きな岐路に立っている。このままの流れで行くと、本当におかしくなってしまう。野党はそれを自覚することです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 81
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
生活の党と山本太郎となかまたち…漫☆画太郎ですか?
生活の党と山本太郎となかまたち…漫☆画太郎ですか? ...続きを見る
板橋区中板橋のお米屋さんのブログ
2015/02/22 17:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
何故小沢一郎氏が叩かれたのかそれは明白であると思います。中国に接近するし、いずれ官僚を叩くのは明白だし。これを早々と言ってしまった。時期早々。従ってアメリカも含め皆敵に回してしまった。基本は日本はアメリカに従属的な軍事同盟があり今回の事はアメリカの肩代わりと片ずければ理解できる。そして底なしに自衛隊は海外に出て行くだろう。当然中国にけん制を入れつつ、東南アジアにも常駐化を視野にいれる。武器の輸出は拡大し、特需狙いの企業は後押しを強めるだろう。ところがこれで終わらないのである。もっと国民にとって大変な事が待っている。又機会があったら次に。さてともかく、小沢氏が次に出てくるチャンスがあるだろうか。残念ながら厳しい。色々やってもらいたかったが。
槍イカ
2014/07/03 12:35
本来「小選挙区制」はマトモな二大政党が存在している時に効果があるはずでは?
しかし言い出しっぺの小沢一郎代表が言う
「■野党統一候補を立てればひっくりかえせる」でスッキリした。
---
かっちさんもそう思っているのではないだろうか?
・集団的自衛権(解釈改憲反対)
・憲法9条(戦争反対)
・脱原発
でもって憲法違反※の独裁政権を倒そうではないか!
---
※そもそも憲法解釈は「司法」が行うもの(怒)!
呆政局(誤変換)を骨抜きにするのも憲法の破壊行為(怒・怒)!
もひ
2014/07/03 12:43
何度でも言いたいが、防衛だの自衛権の問題ではない!
---
隣国からの「輸入」が止まったらどうするのか?
コンピュータや携帯電話、家電を始めとるる工業製品も、100円ショップの雑貨もウナギやタケノコなど数えきれない品目の野菜も・・・
「労働力」もそうだ、現在「留学生」「研修生」を使っている企業も真っ青だろうか?
いやそれだけではない。旅行業界や秋葉原も・・・観光客が来なくなったらどうなるのか?
---
衛るべきは「ビジネス」や「生活の糧」ではないか?
(ほとほとトホホ)
もひ
2014/07/03 19:42
集団的自衛権に関してよく解説されたサイトがある。https://www.komei.or.jp/news/detail/20140602_14119
なるほどと思う、が。
---
がが〜ん!
実際、現状の暴挙について「容認」「追認」「黙認」しているのはどこの「党/盗」なのか?(トホホ)
もひ
2014/07/03 21:07
かっちさん、読者の皆さん!
---
日刊ゲンダイ(オンライン版)
『日中開戦が現実味…これは「抑止力」という名の「挑発」だ』
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151547
が指摘するようにすでに「挑発モード全開」だ!
---
「安苦荷神社」(誤変換)惨敗(誤変換)問題でも十分「挑発」だったのに・・・(怒)
---
安ホノミクス反対!
安ホノミリタリー恨トロール反対!
もひ
2014/07/03 21:28
もひさん
もひさんの言う通り。
今、中国と日本が対立している状況は米国にとっても都合のよいことだ。なぜなら、鳩山、小沢政権が潰されたのは、日本が中国と仲良くすることは米国にとってこのましくないからだった。米国は、日中が不仲なほど、自分は中国とうまく貿易を増大させている。日本の貿易収支が悪化しているのは中国との貿易量が減っているからだ。
かっち
2014/07/03 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
日刊ゲンダイ紙『小沢一郎氏「安倍首相の危うさはDNA。昭和史を繰り返す」 を読んで思うこと。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる