かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 小保方氏のSTAP細胞発表に対する理研組織の冷たさ

<<   作成日時 : 2014/03/15 23:19   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 2 / コメント 1

理研のSTAP細胞を発見した小保方晴子氏の研究は、天国から地獄への様相を帯びてきた。発表当時は、ips細胞よりさらに有効なSTAP細胞の発見は、ノーベル賞ものと誰もが思った。

それだけに、内外の注目度は半端なものではなく、徹底的に研究成果が評価された。その結果、過去の博士論文まで分析され、いろいろ疑義を生じてしまった。

理研は、野依良治理事長が出席して内部調査委員会の報告を行い、「共同研究論文の作成の過程において重大な過誤があったことは甚だ遺憾」と謝罪した。この中間報告会の動画を見てみたが、理事長を含めて理研トップは、今回の出来事は全て小保方氏の個人的な資質によるもので、倫理観がないことに由来しているという論調であった。

この報告会の論調を聞いていて、何か違和感があった。野依理事長を筆頭に記者会見に出席した理研のトップは、論文は全て本人の自己責任という立場を取り、理研はある意味被害者だと言わんばかりのように感じた。

今回の小保方氏の発表は、ノーベル賞レベルの発表ということはわかりすぎるぐらいわかっていたはずである。理研は、研究発表が一番の仕事である。したがって、理研の組織として論文を出すとき、小保方氏の上司、センター長が論文発表の承認(ハンコ)をしている。実際に小保方氏の上司は、以下の記事のように小保方氏を持ち上げている。

「実験好き、データを何よりも信じる人」上司が語る小保方さん 「まさにコロンブスの卵」
STAP細胞を発表した小保方晴子さんについて語る理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長

 世界をあっと言わせた新型万能細胞「STAP細胞」。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長(51)が30日、取材に応じ、「研究を日本から世界に発信できたことを大変誇りに思う」と胸を張った。


また、記者会見なども理研の組織としての承認を出しているはずである。それこそ、ノーベル賞受賞確実の記者会見として、野依理事長も鼻高々であったはずである。

それが形勢が悪くなると、全て悪いのは小保方氏個人のせいと、一歩も二歩も突き放した言い方である。記者会見も、理研のお膳立てで大々的に持ち上げられるだけ持ち上げられ、一気に梯子を外した感じである。組織として本人を庇う言葉は一言も無かった。

小保方氏は平静で居られる精神状態ではないと噂されている。確かに、こんな状態だと、今後研究生活をやれる状態ではなくなる。心情を思うと何と言っていいかわからない。本人もSTAP細胞を信じている(いた)のだから、是非この論文がきっかけとなって、第二のSTAB細胞が出現することを切に願う。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
STAP細胞は捏造!?・・・小保方晴子氏は・・・
ips細胞に続く新たな万能細胞として期待されていたSTAP細胞に数々の疑惑が指摘されていたいた問題について、本日4月1日午前、理化学研究所の調査委員会が東京都内で会見を開き、小保方晴子・研究ユニットリーダーについて「捏造(ねつぞう)にあたる研究不正行為を行ったと判断した」と発表しました。   STAP細胞については、論文の発表直後から数多くの科学者の間で作成が試みられましたが、理化学研究所以外での成功例はなく、「ES細胞ではないのか?」などの疑惑が当初より囁かれていましたが、そのうちに論文の剽窃... ...続きを見る
粋なLife styleのススメ~甲斐の...
2014/04/01 14:05
同僚冷ややか、リケジョ後輩は理研の対応疑問視
JUGEMテーマ:ニュース ...続きを見る
えすあい。
2014/04/10 09:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この組織とその細胞自体が異常をきたしているのでは?(トホホ)
---
つけるクスリはあるのだろうか?
もひ
2014/03/16 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
小保方氏のSTAP細胞発表に対する理研組織の冷たさ かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる