かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相・集団的自衛権の本当の怖い話(モーニングバード「そもそも総研たまペディア」)

<<   作成日時 : 2014/02/27 23:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 4

今日、テレビ朝日のモーニングバードの「そもそも総研たまペディア」を何気なくに見たら、玉川氏が非常に面白いテーマを取り上げていた。そのテーマは、今話題の「集団的自衛権」の話であった。

歴代内閣が憲法9条の下では集団的自衛権は認められないという立場を取ってきたが、安倍首相はそれを内閣法制局長官を腹心の人物に替えて、内閣の閣議で解釈を変更できるようにするものである。

この解釈変更の意味を、(名前を控えるのを忘れたが)、第一次の安倍内閣のとき防衛省からの内閣参事であったひとと、内閣法制局長官を退任した人物に聞いていた。

その2人に別々に、集団的自衛権は必要かという質問を行った。この質問に彼らは二人は、第三国から自国を攻撃される場合は、個別自衛権の発動で十分に対応可能で、集団的自衛権は必要ないと述べた。

元内閣法制局長官の人は、解釈論で集団的自衛権を認めたら、憲法9条の縛りは全く無くなり、歯止めが無くなると言い切った。さらに、自国の戦争ではなくて、米国の戦争に自衛隊も参加し、自衛隊員が死を覚悟しなければならないし、日本の自衛隊員が他国の将兵を殺すかもしれないと述べた。そんな事態になった時、国民はそんなはずではなかったと言っても、もう遅いと述べた。国民はそれだけの覚悟があって集団的自衛権を認めるのか?と問うた。それだけ重い話だから、だからこそ憲法という縛りがある。それだけ重い話だから、それを変えるには国民投票というものがあるのだと述べた。

玉川氏がさらに、安倍首相は「何故ここまで集団的自衛権にこだわるのか?」と質問を行った。この問いは、二人に対して、全く独立のインタービューにも関わらず、二人とも、安倍首相は「観念的」にそうしたいだけではないかと述べた。これを聞いた時は、あまりに同じことを言うので正直驚いた。

元長官は、安倍首相は今まで「美しい国」とか言っているが、非常に「抽象的」、「観念的」であると述べた。安倍首相は、日本がかつてのように、米、英、露に伍して同じような軍隊をもちたいのではないか?と述べた。

集団的自衛権の行きつく先にある、自衛隊員の死、国民の死ということを考えていないのではないかと述べた。

集団的自衛権は、他国の戦争の中で、日本の自衛隊員の死、国民の死ということまで覚悟して決めなければならないということを意味している。ここまで覚悟して解釈変更したいのかということである。玉川氏もここまで突き詰めて考えたことはなかったと述べた。日本の国民も、安倍首相を含めて、最悪人の「死」まで考えている人はそうそういないだろう。

憲法解釈変更に足を踏み込めば、鍵の無い金庫のように、出鱈目な事が何でも在りになってしまう。憲法解釈はそれだけ重い内容ということだ。こんなことを「観念」でやられては国民は堪らない。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いまでも「イジメ」などで自殺率最多を誇る?組織にこれ以上の「負荷」をかけられるのだろうか?
---
自然災害が多い昨今では、「自衛」というより「災害救助」として出動をお願いすべき組織ではないか?
それが国民を「衛る」ことではないか?(怒)
もひ
2014/02/28 00:01
しかし、これは勝手な想像もあるが「腫傷官邸」に逝った人は(ソーリを筆頭に)「●●●●」になるという。
---
耳障りのいい情報とか、お厄所に都合のいい情報しか上がってこないというから、その判断は勘違いもいいところだ。
(トホホ)
官帝には魔物が住んでいるのかも?
---
(大幅に誤変換)
もひ
2014/02/28 20:36
2人とも本当に同じようなことを話してましたね。そもそも総研、録画してたので見ました。

元内閣法制局長官の阪田雅裕氏が、国際法に違反しない限り「何でもできてしまう」と言っていましたね。

ベトナムとかイラクとかの戦場に出かけていって戦うことができてしまう。
9条があっても。

かっちさんの言うようにその先には「死」がある・・自衛隊員。相手の国の人達。そして私達日本国民の死。

戦争ってそういうものですもんね。
人を殺し。自分も殺されるかもしれないと不安な日々を過ごす。

今の平和がなつかしく思えるほどに辛いものでしょうね。

もう1人の方は元内閣官房副長官補の柳澤協二氏でした。

「近くにいるアメリカの船を守ることは我々の感覚から言えば「個別的」自衛権で十分やれますよ。

アメリカに飛んでいくミサイルを打ち落とすといったってそれは物理的に不可能ですよ、という話はかつて安倍総理にもしたし、安保法制懇の委員の人達にも会議の度に報告していた」

先ほどの阪田さんも
「日本上空を米国本土に向けて飛んでいくミサイルなんて今の技術では打ち落とすこともできないですよね。

だからそういう事をやるという要請もアメリカから来てるとは思えないわけですよね。

そういうものをとりあげて議論しているということ自体が「観念論」だなというふうに思います」と言ってましたね。

不安です
見ていると秘密保護法の時のように国民の意見を無視してまた強行しそうだし・・

イラクとかで戦争できるようにし、こっちでは中国や韓国を怒らせ火種を作る・・

安倍総理の支持者も中国や韓国に差別発言を繰り返しネットの中はもう戦争状態。

国民は冷静に。感情的にならないようにしないと。戦争へ向かわないように・・





はる
2014/03/01 00:55
はるさんへ
二人のコメンテーターの名前ありがとうございました。肩書など違っていました。
的確なご意見も感謝します。
かっち
2014/03/01 06:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
安倍首相・集団的自衛権の本当の怖い話(モーニングバード「そもそも総研たまペディア」) かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる