かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙が終わった途端、怖い事実、怖い本音が続々と出てくる

<<   作成日時 : 2013/07/23 21:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 5

自民党も、選挙が終わるまでは国民受けをしないことは言わなかった。しかし終わった途端、今や存続することが日本の厄介企業と成り下がった東電が、核汚染水が海に流れ出していることを認めた。さらに往生際が悪いのは、汚染水は湾の中に限定されていると、まるで子供騙しのような言い訳をしている。こんなことは1年以上前からわかっていたことだ。自民党もこの事実は把握していたはずである。22日に報告を受け取ったというが、こんな言い訳は大人の世界では通用しない。なぜなら取って付けたように、18日にはそのようなデータがあることを知っていたというのだから笑える。

東電も東電だが、自民の茂木経産相も食えない男で、以下の報道のように「重く受け止める」とまるで他人事のような言いぐさである。おまけに、関連データの早期公表も説明しなかったというのだから、共氾である。政府が公表を今まで押さえていたのが、真実だろう。



汚染水流出「重く受け止める」 経産相 
東京電力が福島第1原発からの汚染水の海洋流出を認めたことを受け、茂木敏充経済産業相は23日、閣議後の記者会見で「報告を大変重く受け止めている。流出防止策を急ぐよう指示している」と述べた。

 経産省に海洋流出の報告があったのは、東電が流出を認めた22日だったという。ただ東電は18日の時点で、流出を裏付けるデータが存在する可能性や、観測用に掘った井戸の水位の数値を、経産省や原子力規制庁に伝えていた。

 汚染水が海へ漏れている可能性は以前から指摘されていたが、東電に関連データの早期公表を求めたかどうかについて、茂木氏は明確な説明をしなかった。

(共同)


もう一つ選挙の翌日に出て来たことが、以下の報道である。一昔前にこんな話をしたら、国会でつるし上げられて、国会は空転して政権自体が転覆するような内容である。そういう意味で、国民は随分と舐められたものである。日本も、もう一度戦争をしないと、まだわからないのかと言いたい。



安倍政権、武器輸出に新指針検討 禁輸三原則「撤廃」も

 安倍政権は22日、武器禁輸政策の抜本見直しに向けた議論を8月から本格化させる方針を固めた。新たな指針の策定により、従来の武器輸出三原則を事実上「撤廃」することも視野に入れている。安倍晋三首相は撤廃に前向きという。政府筋が明らかにした。


実際に武器輸出に関してインドに海上自衛隊の水陸飛行艇を輸出する話をするという。その狙いは、インドが中国と紛争を抱えているので、中国への牽制のためと書かれている。本当に安倍首相はバカである。中国を刺激することばかりする。今や中国の習金平主席は米国のオバマ大統領と2日間も水入らずの会談をしている。日本以上に緊密な関係を持っている。

日本が日米同盟があるからと思って中国と今のような関係をしていたら、ニクソンショックどころでなく、足元をすくわれることになる。安倍氏が首相でいること自体が日本の国難となる。それも3年も待たない内に、心労でまた下痢して退陣となりかねない。そうなる気がする。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
生活の党
小沢一郎先生の活躍は まだまだ続く!
早く日本を泥船から救わなければ
ジャイロ
2013/07/23 23:14
古今東西、権力者の周辺には怪しい「取り巻き」がいる。
その人たちが進言すれば、その権力者も納得してその通りにしてしまうとか?
歴史は物語っている。
---
つまり権力者が自分で判断しているのでなく、操り人形に等しいということだ。
ニッポンがその状態だと言われても否定できまい!(トホホ)
もひ
2013/07/24 00:07
不況と賠償金問題で税収が極端に落ち込んだナチス政権時代。
「ナチスの発明」(武田知弘著:彩図社刊)という本を読み返してみた。
---
当時の主な緊急対策はこれだ!
・法人税の増額(20%->30%:軍需産業だけを儲けさせない)
・アウトバーン建設で雇用を確保(建設費の半分近くが労働者の給与)
・企業の為替差益を不労所得とみなして没収
・国民車構想と自動車取得に対する減税->労働者の働く意欲につながる
・労働者の有給休暇の制度化
・低所得層への援助
・出産、育児への援助
・大衆娯楽施設の拡充、ラジオの普及
・科学技術の振興、実用化
---
これらの政策は戦争突入により立ち消えになったものも多いが、現代の政治家には耳の痛い話ではないのか?
もひ
2013/07/24 12:42
ブラック企業が 開き直る時代 解雇自由化 非正規雇用 サービス残業 給料のピンハネ
トホホ…
ジャイロ
2013/07/25 00:43
なぜ今頃、ナチス政権と比較しなければならないか?
---
与党として多数を占めるなら、国民が望むことであって「すぐに」できることも多いはず・・・という理由だ。

---前回のコメントから拾うと:
【すぐできる】
・法人税増額
・低所得層への援助
・出産、育児への援助
・自動車取得への減税(現在ではエコカー減税の復活)
・アウトバーン建設(現在では電線地中化+道路補修か?)
・労働者の有給制度(ドイツのように6週間とはいわず3週間でも > 正社員化、ワークシェア化が必須)
【中期的なもの】
・国民車構想(現在では軽自動車向け低金利オートローン?)
・娯楽施設、公営運動施設(とくに平日夜間に安価で借りられること)
【長期的なもの】
・科学技術の振興、実用化(相当な予算をつけないと実現しないのかも?)
もひ
2013/07/26 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
話題のPC
選挙が終わった途端、怖い事実、怖い本音が続々と出てくる かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる