かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相の国会での中国非難を聞いて、ますます安倍首相の言う方向と違う方向に進むと感ずる。

<<   作成日時 : 2013/02/06 21:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 60 / トラックバック 3 / コメント 3

本ブログで、安倍首相の一連のタカ派的な言動とその本質により、中国との衝突を危惧して、2月1日に以下のタイトルで安倍首相の危険性を指摘した。

『安倍首相は八方美人の滑り出しをしているが、タカ派の本質が日本を危うくする。 』
安倍首相、にじむ対中強硬姿勢=首脳会談触れず、公明は懸念
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013020100878
安倍晋三首相は1日の参院本会議で、中国との関係再構築に意欲を示す一方、領土をめぐる主張では譲歩しない意向を重ねて表明した。また、中国国内の人権状況の改善も要求。首相からにじむ対中強硬姿勢に、日中関係の改善を重視する公明党からは憂慮の声が出ている。
>

このブログアップの1日前には、中国の軍艦が日本の自衛隊の船に攻撃の際に使うレーダーを照射した訳である。照射と言えば、単に電波を当てたかのように思うかもしれないが、所謂戦闘機が空中戦で敵機にミサイルを撃ち込むとき行う「ロックオン」状態である。

ロックオン状態になれば、それを外すため、戦闘機が急上昇をしたり、急降下したり回避行動を行う。自衛隊艦も戦闘機と同じように退避行動をとったが、電波照射が数分間続いたと報道されている。

米国の艦船がこのような状態になれば、自己防衛として攻撃態勢に入り、攻撃の意志ありとして反撃するであろう。日本も今回の事態を受けて、何らかの指示がなされたと思われる。極めて危険である。このような状態は安倍政権になってからである。

この件で昨日、小野寺防衛大臣は比較的自制した声で坦々と報告していたが、今日の安倍首相の国会での答弁は、中国を非難した口調がまるで喜々として聞こえるのは私だけか?これを聞いたら中国は益々感に触るだろう。

安倍首相にとっては中国様々である。尖閣諸島の緊張がなければ、まず自民党の総裁にはなれなかっただろう。また自民党自体も、このような緊張が無かったのなら、ここまで大勝していなかっただろう。安倍首相にとって、この緊張感は自分の悲願である国防軍、さらには憲法改正のための地ならしとして愛国心を煽って行くだろ
う。安倍政権が中国を批判しても、いつも反論がないのを不気味に思っていたが、今度の行動は日本を明らかに挑発している。

日本も安倍政権下のイケイケドンドンの態度で、いずれ衝突が起こることを危惧する。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【第432号】困った時にはアメリカ様が助けてくれると妄信している日本国ではあるが、現実はそう甘くない...
&lt;!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:Arial; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:3 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:" ... ...続きを見る
高橋央の『日本社会白書』
2013/02/07 06:13
新安全基準案で原発再稼働認可?シェールガス発電で炭酸ガス排出も発電費も低下、中国の海洋政策,独の金融
 原子力規制委員会は今月6日、原発の新安全基準骨子案を了承。7〜28日の間に、一般から意見を募る。この新安全基準骨子案は安全基準に合致した原発の(再)稼働を認めるものであるらしい。最も早く再稼働の審査に入る可能性が高いのは四国電力の伊方(いかた)原発(愛媛県)で、活断層のリスクがないなど新安全基準をほぼ満たし、立地自治体の理解も進んでいるとしている。即ち初めから原発ありき、使用済み燃料の処理は永久に先送り、原発への税金投入を前提としている。 世界では炭酸ガス排出が石油石炭より少なくしかも... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2013/02/07 10:36
「安倍首相の国会での中国非難を聞いて、ますます安倍首相の言う方向と違う方向に進むと感ずる。」について
「安倍首相の国会での中国非難を聞いて、ますます安倍首相の言う方向と違う方向に進むと感ずる。」について 鳩山由紀夫訪中 15〜18日 海自ヘリコプターへ射撃レーダー照射 19日 山口那津男訪中 22〜25日 村山 加藤訪中 28〜31日 海自護衛艦へ射撃レーダー照射 30日 ...続きを見る
ちゅら男のブログ
2013/02/08 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさんが常々指摘するところのマスコミの虚偽報道でしょうか? 事実関係について、かっちさんの記事とは異なった報道がされています。

中国軍艦のロックオンについて、かっちさんの記事では
「このような状態は安倍政権になってからである」
としていますが、情報が錯綜しているのか、民主党政権時代にもそのようなことがあったとの内容の記事が各社から出ています。

【尖閣国有化前から射撃レーダー照射 政府関係者明かす】
http://megalodon.jp/2013-0206-2137-24/news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/TKY201302060145.html

【野田政権は公表しなかった】
http://megalodon.jp/2013-0207-0056-23/mainichi.jp/select/news/20130207k0000m010112000c2.html

【刺激が強いから公表していなかった。半年近くこのようなことはあった】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013020600919

最新ニュースはしばらくすると削除されることも多い( 出し逃げ? )ので、上の二つはweb魚拓にしてあります。
みな一様に民主党時代からこのようなことはあり、民主党は隠していた!という論調です。
これは虚偽のリークでしょうか?
elsewhere
2013/02/07 02:52
ご指摘ありがとうございます。民主党時代にも存在していたということ。
逆に言えば、内々に外務省を通じて処理しなく、いきなり、日本国内に首相自身が国会の場で、中国を批判したようで、さらに緊張感が増大すると思われます。中国はメンツを潰されるのが最も嫌な国と思われます。野田元首相がそのような状態を放置して置いたのならこれまた問題と思いますが。
かっち
2013/02/07 11:42
かっちさんの危惧が現実にならないよう祈る。

アベ蚤苦スの方程式では
「経済再生」= CR x「軍備増強」
* China risk
だろうか?

しかし、中国からの輸入が止まったらど〜するのか?
今の時代 Made in China なしで
生活できるのか?
国内生産 -> 国内消費を増やしてからモノを言って欲しいぞ(怒)。
もひ
2013/02/07 12:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
話題のPC
安倍首相の国会での中国非難を聞いて、ますます安倍首相の言う方向と違う方向に進むと感ずる。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる